就職試験のグループディスカッション突破マニュアル!

たったの5分間で人事担当者が思わずうなる8つの秘訣を公開

結局のところ、グループディスカッションを突破するためには法則的なものがあります。
それを実際に就職試験のグループディスカッションに携わっている現役面接官が暴露したマニュアル。

就職試験の成否はグループディスカッションで決まるわけではなく、あくまでグループディスカッションは「最初の砦」なのです。最初の砦で深く悩んでも仕方ありません。グループディスカッションは「要領よく簡単に突破」して、その先に控える個別面接試験などの対策を重点的に行ったほうが賢いといえます。

 テクニックで就職のグループディスカッションを簡単に突破できる驚愕の真実

個別で行なわれる就職面接試験とグループディスカッションは異なります。

つまり、個別面接試験では、「志望動機」や「その人自身の考え方」などが問われるわけですが、グループディスカッションではそのような受験生個人の考え方などが問われることは基本的にありません。

なぜならば、面接官はそんなことは興味がないからです。

金融業界トップ企業の現役面接官が教える【超氷河期】グループディスカッション突破マニュアル(たった5分間で、選考業者が思わずうなる人事担当者とっておきの8つの秘訣)大量の受験生を「落とす」ことを目的としたグループディスカッションにおいて、複雑な志望動機などを評価の基準にすることはありません。実は、極めて単純なことしか面接官は見ていないのです。しかも、就職試験のグループディスカッションの面接官は、実際にその企業の人事担当者が行なうことは少なく、外部の人事評価専門企業などに委託していることもあります。

そう考えると、実は就職のグループディスカッションの評価というはいい加減なのです。というよりも、個別面接などと異なり、どの企業でも同じような評価基準を設けてグループディスカッションの合否を決定しているといえるのです。

ですから、グループディスカッションというのは「テクニック」や「コツ」の世界であるといえます。

どこの企業のグループディスカッションでも、テクニックとコツを知ってしまえば通過するのは簡単です。企業のカラーや業務内容に合わせて態度や考え方を変えるという必要もありません。どの企業であっても、見ているところは同じなのです。

 そういった裏側を暴露したマニュアルが存在します。

実際にグループディスカッション突破マニュアルを読んでみましたが、これは素晴らしいテクニックがてんこ盛り グループディスカッションを突破するために、どのような視点で面接官が評価しているのかを明らかにし、突破するための方法を「テクニックに落とし込んだマニュアル」です。

実際に私も購入して読んでみましたが、まさに目からウロコです。

というよりも、こんなものを公開してよいのだろうか?というのが正直な感想です。

面接官が何を基準にグループディスカッションを評価しているのかということをしっかりと根拠つきで明らかにしたうえで、その基準をクリアーするためのテクニックを8つに分類して紹介しています。

グループディスカッション突破のテクニック論を紹介するものとしては、他に類を見ないほど簡潔かつ具体的に紹介されています。

就活で重要なのは個別面接での勝負ですから、グループディスカッションの対策に多くの時間を割く余裕はありません。また、グループディスカッションというのはコツの世界であって、そのコツを知っているか否かで差が付く極めて単純な試験であるというのも事実です。就活を効率的に突破したいという人にはオススメの教材です。

グループディスカッションは実際に経験してみるということが大切だといわれますが、このマニュアルがあれば経験していなくてもテクニックで乗り切ることが可能です。そのぐらい、インパクトのあるマニュアルです。

詳しくは以下のリンクをクリックして確認してみてください。

現役面接官が教える「超氷河期グループディスカッション突破マニュアル」(たった5分間で、選考業者がおもわずうなる人事担当者とっておきの8つの秘訣)

金利の低い国