時事問題のテーマ

知識の有無で勝負が決まる時事問題

公務員試験のグループディスカッションでは頻出の時事問題を題材にしたテーマ。

就活グループディスカッションでも良く出題されますが、知識の有無がポイントになるという意味で、与えられたテーマについてどのくらい知っているかどうかが勝負の分かれ目になることが多いといえます。

 時事問題のテーマ例

  • 少年犯罪について
  • 失業者対策における具体的な施策について
  • 日本人選手のメジャーリーグ行きにおけるプロ野球界の問題点とは
  • 少子化を防ぐために

 流れと対策ポイント

与えられたテーマについて、「知っているかどうかで差が付く」のが時事問題に関するテーマの特徴となります。

知っていれば深みのあるディスカッションを行うことができますし、知らなければ最悪の場合ほとんど発言の場を作り出すことすらできないという側面も持ち合わせています。

企業がこのようなテーマを出すのには理由があります。それは、「学生が社会情勢に興味を持ち、社会に入る心構えがてきているかどうかを知りたい」ということです。そういった観点で、時事問題のテーマは、21世紀の世界や日本、経済や社会といったことがテーマとなっています。

これらのテーマは、新聞やニュースなどをに普段から目を向けていないとディスカッションそのものに参加することができなくなる場合があります。新聞、テレビ、雑誌、インターネットなどどれでも構いませんので、自分なりの情報源をしっかりと決めて日頃から情報収集を行なっておくことが必要です。

知識の有無がもろに影響するのが時事問題のテーマです。

当日、知らないような時事テーマに当たることもあるでしょう。しかし、知識がないからといって諦めるのではなく、メンバーの意見に同調したり、上手くまとめたり、といった工夫ができればグループディスカッションを突破することは不可能ではありません。しかし、知らないよりも知っていることの方が有利であることは間違いありません。

知識を得ることもグループディスカッション突破の秘訣であると考えて、日頃から情報収集を怠らないようにすることがポイントです。


金利の低い国