就職ディスカッションのコツとポイント

ディスカッションにはコツがある

グループディスカッションは学生にとって厄介な存在ということができます。しかし、多くの企業がディスカッション試験を採用しており、ディスカッションを通過しなければ内定を勝ち取るのが難しいと言うのもまた現実です。

ディスカッションにはコツがあります。是非、あなたもコツをマスターしてディスカッション試験を得意にすることで、志望企業の内定を勝ち取ってください。

 コツとポイント 1.)ディスカッションマナー

ディスカッションは一種の面接試験です。そのため、通常の面接試験に求められるような身だしなみや最低限のマナーが存在します。まずは、最低限のマナーとルールを押さえてください。

next ディスカッションマナーへ

 コツとポイント 2.)テーマ(課題)をよく見る

ディスカッションでは、最初にしっかりとテーマを見極めて、何が要求されているのかということを確認します。そのうえで、自分なりの意見を組み立てることが重要になります。焦らずに落ち着いてこの作業を行うことは、その後のディスカッションの評価に大きな影響を与えます。

next テーマ(課題)をよく見るへ

 コツとポイント 3.)全員で合格できるようにする

グループであるということ、及び、評価について知れば「全員」というキーワードが現実味を帯びてきます。自分だけが合格しようとすると、結果的に全員が不合格になるという可能性も高まります。全員で合格しようとする気持ちが大切なのです。

next 全員で合格できるようにするへ

 コツとポイント 4.)うなずきとあいづちを忘れない

グループディスカッションではグループの中でのあなたの役割・立場がメンバーの中で相対的に見られることになります。メンバーの中で協調性を強く打ち出すために最も基本的かつ重要なこととして、「うなずきとあいづち」があります。

next うなずきとあいづちを忘れないへ

 コツとポイント 5.)結論や理由のある意見を発言する

「私もそう思います」「確かにそうですね」というのは、発言とはみなされない場合があります。あくまでそれはうなずきやあいづちの範疇であって、意見とはあなたの考えがしっかりと含まれた結論や理由として、具体的かつ説得力の高いものが求められます。

next 結論や理由のある意見を発言するへ

 コツとポイント 6.)評論家にならないようにする

意見には自分なりの考えが必要です。そのためには具体的に自分の経験などを含めることがポイントになります。そういったことを含めずに発言をすると、抽象的になってしまい、結果として評論家的な意見が多くなってしまうのです。

next 評論家にならないようにするへ

 コツとポイント 7.)ルールを良く聞く

グループディスカッションのルールは企業やディスカッションのタイプによって異なります。面接官が指示するルールを聞き逃すと、大きな減点を覚悟しなければなりませんので、注意が必要です。

next ルールを良く聞くへ

 コツとポイント 8.)意外と少ない時間

就職グループディスカッションでは、メンバーに対して60分程度の時間が与えられます。この60分という時間は個人面接と比較すると長い印象を受けますが、メンバーの人数を考慮するとかなり短い時間であるということを理解することができます。

next 意外と少ない時間くへ


金利の低い国