就職グループディスカッションのヒント

グループディスカッションのヒント集

グループディスカッションを攻略するためには、さまざまな情報を収集し、自分なりのスタイルを築き上げ、自信を持って就活試験に臨むことが大切です。

ここでは、就活時に役立ちそうなグループディスカッションの情報を整理しています。

コラム的に読むも良し、実戦で活かすも良し、使い方はあなた次第。良くある質問にも回答しています。

 ヒント 1.)運次第?本質は不公平

グループディスカッションはメンバーが誰になるかによって自分の命運が変わります。これって随分不公平な試験だと思いませんか?実は、そもそも本質的に不公平であるといえるのが就活グループディスカッションなのです。

next 運次第?本質は不公平へ

 ヒント 2.)作られた自分と素顔の自分

グループディスカッションは個別面接と異なり、作られた自分を演じ切るのは難しいといえます。しかも、メンバーやグループディスカッションの形式、テーマなどは当日に与えられるため、完璧な準備を行なうこともできない。だからこそ、素の自分が明確に現れてきます。

next 作られた自分と素顔の自分へ

 ヒント 3.)本番で実力を発揮しにくいのはなぜ?

本番のグループディスカッションには外からは見えない集団固有の力関係が作られ、それは支配関係に発展するものでもあります。そういった状況の中、メンバーは嘘を付きやすくなり、途中で混乱して自分を見失う学生も少なくありません。

next 本番で実力を発揮しにくいのはなぜへ

 ヒント 4.)テーマは紙ベースで渡されるとは限らない

企業によってグループディスカッションの進め方の指示は異なります。それに付随して、テーマの与えられ方も異なることになります。例えば、テーマを紙ベースでは配布せずに面接官が口頭で伝えるという場合が該当します。

next テーマは紙ベースで渡されるとは限らないへ

 ヒント 5.)必ず持っていく必要があるもの

個別面接などではしっかりとした準備(持参物)をしていく学生が多いのですが、グループディスカッションになると忘れてしまうものがあります。忘れると致命的になるものもありますので、万全の準備を常にすることが大切です。

next 必ず持っていく必要があるものへ

 ヒント 6.)評価は下請け・外部委託

大企業であっても新卒採用に関わっているのは人事部の数名ということが多く、その数は多くても5名程度です。ですから、グループディスカッションなどの評価は外部に委託するなど下請け企業が行なっていることが大半です。

next 評価は下請け・外部委託

 ヒント 7.)経団連発表資料から見るディスカッション攻略法とは@

大手企業を束ねる経団連((社)日本経済団体連合会)が発表した【新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果】(2011年9月28日)から、興味深い事実が分かります。

next 企業が選考にあたって特に重視した点とは

 ヒント 8.)経団連発表資料から見るディスカッション攻略法とはA

経団連が発表した【新卒採用(2011年3月卒業者)に関するアンケート調査結果】(2011年9月28日)の「2010年3月卒採用との比較」データからグループディスカッションのヒントが見えてきます。

next 企業が選考にあたって特に重視した点「2010年3月卒採用との比較」

 ヒント 9.)自分の普段の癖を客観的に見てみる

あなたは自分の普段の姿を見たことがありますか?何度やっても思うようにグループディスカッションを通過できない人は、自分の普段の癖が致命的な「ミス」になっていることがあります。

next 自分の普段の癖を客観的に見てみる

 ヒント10.)焦りすぎて本質を見失っていませんか?

就活に焦りは禁物です。と言っても、焦るのは当然。そんなときは、もう一度全体をイメージして就活というものを捉えて欲しいのです。就活というのは全てのプロセスと内容が関連し合っています。部分ではなく全体で考えるようにすることがポイントです。

next 焦りすぎて本質を見失っていませんか?


金利の低い国