FAQ

ここでは主に全般的な質問に関して回答しています

実際にグループディスカッション試験においては様々な質問や疑問・不安があると思いますが、そういった実践的な内容については、合格対策法などを参照してください。

 サイトについて

Q:管理人について

A:サイト管理人は、採用試験を行う側の「人事採用担当者」に対してアドバイスを行っている人材採用コンサルタントです。つまり、グループディスカッションを受験する側ではなく、採用する側の専門家です。

そのため、実際に大手企業でどのようなグループディスカッションを行い、どのような評価を下しているのかを熟知しています。(評価方法を人材採用担当者に指導しているので当然のことです)

そういった経験に基づいて、当サイトにおいてグループディスカッションイ関する情報を広く提供しています。

Q:人材採用担当者に指導している人間がそういった情報を公開しても大丈夫?

A:何の問題もありません。個人や企業を特定する情報は一切公開していません。

また、グループディスカッション試験というのは「不意打ち試験」ではありません。企業戦士たる人材として活躍を期待される像の前提として「コミュニケーション能力」が各企業で重要視されています。

グループディスカッションと言うのは主にコミュニケーション能力を見るためのものですから、むしろこういったサイトを通じて就活を行う学生が、十分な対策を練るということは企業にとって大いに歓迎すべきなのです。企業としては、常に優秀な人材を欲しています。どんなに不景気であっても、優秀な学生であれば就職の道は開けるものです。

当サイトの情報を参考に、あなたにグループディスカッション突破の訓練を徹底的に行って頂きたいと思っています。そうすることで、優秀な人材を創出することは、人材採用コンサルタントとして何ら矛盾するものでないといえます。

 グループディスカッション全般について

Q:グループディスカッションが苦手です。上達は可能ですか?

A:もちろん可能です。グループディスカッションはほとんどの学生が苦手としています。むしろ、グループディスカッションや集団面接を得意としている学生はごく少数であるというのが入社後の調査結果により分かっています。

あなたと同じように、多くの学生が苦手にしているということは、むしろ肯定的に考えればそこに「チャンスがある」ということでもあります。グループディスカッションの本質はコミュニケーション能力を問うものですから、誰でも練習すれば上達することができます。

当サイトではそういった練習のための情報も公開していますので心配しなくて大丈夫です。

Q:私の希望している企業はグループディスカッションがないようです。対策は必要ですか。

A:現在の就活において、グループディスカッション対策を抜きにするというのはおすすめできません。仮に、当該企業でグループディスカッション試験がないとしても、景気状況により就職希望者が殺到するなどした場合、いきなり実施される可能性もあります。

過去の情報に惑わされることなく、また、実施しないとなっていてもいきなり実施されることは十分に考えられますので、どの企業への就職を希望しているにしても、その企業が過去にグループディスカッション試験を実施した経緯がないとしても、対策を行うことをおすすめします。

グループディスカッションの知識を入手し、練習しておくことは、グループディスカッションだけではなくグループ面接(集団面接)や個別面接にも十分に役立ちます。

何よりも、グループディスカッションの練習を十分にすることで、あなたの普段からのコミュニケーション能力や積極性が高まりますので、他の学生に比べて圧倒的に有利な状況で就活活動を行うことが可能となります。

当サイトに出会ったのはたまたま検索エンジンに引っ掛かったからではありません。偶然ではなく必然なのです。

あなたには絶対的な自信を持って就職試験に臨んで欲しいと思っています。


金利の低い国